転職体験談

転職体験談 case.13

profile

年 齢 40代前半
前 職 通信販売企業にて経営企画
現 職 電気機器メーカーにてM&A・財務・会計

■転職を考えたきっかけ

40歳を迎えるにあたって、これからの20年30年、どんな仕事をしていくべきかを考えることが多くなりました。前職は10年間、通信販売会社の経営企画の仕事をしてきましたが、それぞれの専門分野を高めていくことはできず、ゼネラル的な事業企画の仕事を行っていました。何でもできるけれども、何にもできないという感じになっていたのです。もともと監査法人で会計士として、会計・財務関連の仕事を手掛けていたので、自らの市場価値をあげるために、もう一度その分野での仕事をやってみたいと思うようになったのです。

また、通販業界は競争が厳しさを増し、業績も年々下がっていました。働く環境としても、事業がより社会に貢献していると感じられ、かつ、長い将来において高い業績を上げ続けていけるような会社で仕事をしたみたいと考えたのも転職のきっかけです 。

そして、もう一つは、グローバルに海外の人材ともコミュニケーションしながら世界をベースに、仕事をしたいと思っていました。通販販売や小売、流通はドメスティックな事業展開がメインになってくるので、グローバルに事業を展開している日系メーカーで自宅から近い会社への転職を望むようになりました。

■転職活動の流れ

まずは、転職サイトのビズリーチに職務経歴を記入して登録しました。1、2月頃から情報収集を始めました。その後、数社の紹介会社からオファーがあり、お話をお聞きし5月位から活動を本格化させました。少し遅れて7月頃にタイズ社にお伺いして、紹介いただいた求人案件が、今回、私が転職を決めた動機にマッチしていました。

M&Aの経験のあるファイナンスの人材を求めており、自宅から近く、日系のグローバルメーカー。そして、以前から社風も良いと聞いていました。実はこの案件は別の紹介会社からも提示されたのですが、「40歳では厳しいと思います」と言われたので、一旦あきらめていたのです。しかし、タイズ社のキャリアコンサルタントの方は「可能性はあると思います」とおっしゃられたので、タイズ社を通してチャレンジすることにしました。その後の選考は比較的スムーズに進んで、採用内定をいただきました。

入社してから分かったのですが、私の部署では最近も3名の中途採用の方が入社しましたが、私より年上の方や同年代の方の採用も多かったのです。40歳でも選考には問題はなかったのです。

■転職活動で苦労したポイント

タイズ社にお願いするまでは、どこの紹介会社からも「40歳は厳しいですよ」と言われていました。実際に、今回入社が決まる前に別の紹介会社で2社の求人に応募していたのですが、書類選考で落ちていました。

「40歳になると一気に求人案件も少なくなります」と紹介会社から聞いており、やっぱり40歳の転職は難しいと感じたところはありました。40歳位になるとどこの会社でも課長になる年代です。日本企業では、中途入社で即課長以上というのは中々ないように思います。日本企業における「35歳転職限界説」というのは、こういうことなのかなぁと思いましたね。しかし、タイズ社にお願いしてからは、本当にスムーズに転職活動が進みました。

■その企業に決めたポイント

先ほども申しましたが、自分の市場価値を高めるために、より専門性の高い仕事を経験したかった。興味がありかつ自分の強みを最も発揮できるファイナンスやM&Aの業務での募集だったこと。また、グローバルに事業を展開している日本メーカーであり、世界各地のファイナンススタッフとやり取りができ、日本主導で物事を進めていくことができます。

自宅の近くに勤務地があり、通勤時間が短いことも今回の転職の大きなファクターでした。そして、地元に本社にある会社でしたので、社風が良いという評判も聞いていたので、この会社に転職を決めました。

■転職して良かったこと

もともと転職する時に想定していた業務、グローバル、日本メーカー、通勤時間、年収など、すべて満たしていたので、とても満足しています。入社時には「M&Aの仕事も年がら年中あるわけじゃないから、基本的な経理の仕事もしてもらうよ」と言われていましたが、期待していた以上に本格的にM&Aの仕事を任せていただいており、とてもやりがいを感じています。

また、アメリカやヨーロッパ、アジア、中国など世界各地の財務スタッフともミーティングやメールでのやり取りをする機会も多く、世界各国のスタッフとコミュニケーションしながら仕事をしたいという希望も叶えられています。

一緒に仕事をしている仲間のレベルも高く、みんなが誇りを持って仕事に取り組んでいる。そういうメンバーと仕事をやれることもとても大きな刺激となっています。入社前に想像していた以上の素晴らしい環境だと感じています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

これまでと比べて、経験豊富な40歳の人材が求められ、積極的に採用する企業が増えていると思います。40歳でこれから転職したいと考えておられるなら、年齢を気にせずチャレンジして欲しいと思います。

また、紹介会社についてですが、タイズ社もお勧めできます(笑)。今回の転職活動で、タイズ社を初めて知ったのですが、大手紹介会社に比べて、規模も小さいし、広告宣伝も大手企業のようには展開していない。しかし、転職者に対して親身に対応し、少数精鋭でとても良い仕事をされておられる。

転職活動で、感じたのは、紹介会社を選ぶのは規模や知名度があるというのはぜんぜん関係がないということ。大切なのはキャリアコンサルタントにどんな方がいるのかということです。良い紹介会社を選ぶことが、結果として良い転職を成功させることにつながると思います。

転職活動で紹介会社なんて関係ない。結局は自分自身でやるものだという方もいるとは思いますが、良い紹介会社を使うことで、自分一人の力では及ばない大きな支援がもらえます。そのことを転職される方には伝えたいですね。

■タイズのサービスで印象的だったこと

今回、たまたま担当して頂いたのが、タイズ社の代表でした。他社のコンサルタントにもお会いしましたが、どうしても代表の方とはずいぶん違いました。経験豊富で安定感もあって、非常に人間力を感じました。表面的なことだけでなく、深い話もしていただきましたし、アドバイスが的を射ていました。

入社後のフォローもタイズ社には大変お世話になりました。実は、選考時期が7から8月で9月には入社して欲しいと言われていました。ただ、前職で進行していたプロジェクトが11月一杯まではかかる。それを途中で抜けては責任が果たせない。その対応もタイズ社に調整していただきプロジェクトを無事に終えてから転職することができました。

また、募集時の年収水準はもっと低かったのですが、最終的にはそれよりも高い提示をいただきました。入社時期や報酬など、最終的に希望に近づいたのもタイズ社のおかげだと思っています。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP