転職体験談

転職体験談 case.126

profile

年 齢 30代前半
前 職 自動車メーカーにて開発
現 職 自動車メーカーにて開発

■転職を考えたきっかけ

前職の仕事内容や環境にまったく不満はありませんでしたが、結婚を考えていた相手との都合を考慮した結果、転居する必要があり、前職の業務が希望の場所になかったため、2年以上前から転職を考え始めました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
本格的に活動を始める前に、まずは転職のことを知りたくて、リクナビNEXTに登録して、いくつかのエージェントの方にコンタクトを取り、電話でお話ししました。その中にタイズのキャリアコンサルタントの方がいました。すべてのエージェントの方に「転職とは何か?」という質問をしましたが、明確な答えを持っていませんでした。ただ、タイズのコンサルタントだけが「目的を達成するためにするのが転職で、その目的が達成されないのなら転職しない方がいい」とはっきりとお答えいただいたので、とても良い印象を持ちました。しかし、その時はまだ転職に対して本気になれなかったので、お話を聞くだけで一旦活動を中断しました。

その約1年後に本格的に活動を開始。最初は大手エージェントを通じて、大手メーカーに応募しました。ただ、お話を聞くうちにモノづくりに対する考え方が違うと感じ、希望する部署に応募できず、エージェントの担当者のサービスにも満足できませんでした。

そこで以前に良い印象を持ったタイズのコンサルタントにコンタクトを取り、応募したのが現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は人事担当者と現職の上司が面接官でした。質問内容は人柄や志望動機、前職の仕事内容など全般的なものでした。また私の場合、転職動機が居住地の変更がきっかけでしたので、「転勤もあるけど大丈夫」と念押しをされました。その時は特に自分を取り繕う必要もないと思ったので「無理です」と即答してしまいました。

<二次面接>
二次面接は人事・部署のマネージャークラスの方が出て来られました。一次面接よりは厳しめでしたが、圧迫感を感じるほどではありませんでした。二次面接でも転勤についての質問を受けました。一次面接の後、コンサルタントの方に転勤についての受け答えを報告したところ「さすがにそれはダメですよ」とアドバイスを受け、二次面接では、「社会人として会社に属しているので、どこに配属されても頑張ろうと思います。ただ、ここ数年は生活地盤を固めたいので、転職してすぐに転勤というのは避けていただきたい」とお答えしました。

二次面接の数日後に内定をいただきました。

■その企業に決めたポイント

私は昔から、人に近いものを作りたいと考えていました。分かりやすくいうと「愛〇」と名付けられるようなもの。だから、新卒の時にも、自転車や釣具、玩具といったものを作る会社を受験しました。前職で携わっていた製品を現職でも開発できることが転職を決めた理由のひとつです。また、現職の会社の社風に感じられる、開発に必要なエモーショナルな部分にも惹かれました。

■転職活動で苦労したポイント

転職活動の日程が厳しかったことです。活動のタイミングで開発プロジェクトに携わっていたこともあって、毎日帰宅するのは深夜になっており、そこから面接などの準備をしていたので、何とか現職の会社で内定をもらって活動を終えたいと思っていました。

また、プロジェクトの途中で転職するわけにはいかなかっので、コンサルタントの方には「内定をいただいても、入社は4月以降だと了承してもらってください」とお伝えしていました。

■転職して良かったこと

まずは私のキャリアにとって、とても良かったと思います。世界でも代表的な2社で開発を経験したことは大きな強みになると思います。また、転職してきたからこそ分かることもあるので、それをアドバイスしていきたいと考えています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

タイズのコンサルタントからアドバイスいただいた「転職は目的を達成するための手段であって、転職することは目的ではない」通りだと思います。

やりたいことをするために転職することが大切で、今より良いところに行きたいという漠然とした理由だと失敗すると思います。逆に転職する価値があると本気で考えるなら、そこからぶれずに自信を持って挑戦すればいいと思います。

また、転職者は転職先を探すのではなく、企業を選び、企業から選ばれるようになることが大切だと思います。いつか転職するかもしれないと考えていたので、選んでもらえるスキルを磨くことを心がけてきました。幅広い仕事を進んで引き受けて、スキルを増やしていく。そのことで、転職先の会社にないものを何か持っていけるような人材になれることを目指していました。

■タイズのサービスで印象的だったこと

本当にどんな時間でも対応してくれました。こちらの都合に合わせてくれたのはもちろんスピードも速かったです。日程調整などの先方とのやり取りをすべて引き受けてくれました。他エージェントではほとんど自分でやっていたのと変わらなかったので大変でした。その意味ではタイズのコンサルタントは私の転職サポーターだと思えて、エージェントは使う価値のあるものだと実感できました。

また、ダメなものはダメ、メリット・デメリットを嘘偽りなく話してくれました。いくつかのエージェントの担当と話しましたが、そんなことを言ってくれたのは唯一タイズのコンサルタントだけでした。タイズのコンサルタントは、経験も豊富で、転職という行動に対して、確固とした意志を持って仕事をしていると思いました。

前のページへ 一覧
PAGE TOP