転職体験談

転職体験談 case.125

profile

年 齢 40代後半
前 職 電機メーカーにて海外営業・現地法人経営
現 職 電機メーカーにて新規事業開発

■転職を考えたきっかけ

前職では海外でのビジネスを担当させてもらい、責任のあるポジションと待遇をいただき、大きな不満はありませんでした。しかし、海外にいたために、国内にある会社の状況や戦略が分かりにくく、会社を離れていく社員も多かったために、転職を考えるようになりました。また、前職の会社で自分がやれることはやり尽くしたという思いもあり、新しい場所でもう一度チャレンジしたみたいと思ったことも転職を考えた大きな理由の一つです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初はいくつかの求人サイトやエージェントなどに登録することから転職活動をスタートさせました。タイズのキャリアコンサルタントの方からは、ビズリーチを通じて連絡をいただきました。タイズのコンサルタントには、海外関連の求人を要望しました。4社程のエージェントに登録しましたが、タイズのコンサルタントに魅力を感じたのは、今回の転職だけに限らず、将来的にもずっと相談に乗ってくれる、そんなアナログ臭さを非常に感じたからです。7-8社程の案件をご紹介いただき、4-5社の面接を受けました。海外に駐在中でしたので、面接は基本的にスカイプを利用して行いました。

<突然のキャンセル>
ある企業の求人案件では、私のキャリアをそのまま生かせる仕事があり、コンサルタントの方からも「ここは間違いないでしょう」と言われていましたが、最終面接の朝になって突然キャンセルになりました。コンサルタントの方もはっきりとした理由は分からなかったそうですが、このことはとても印象に残っています。

<現職の選考経緯>
現職の会社では、まず人事の方との面接があり、その後グループ会社の社長面接を行いました。社長からはこれまでの経験や今後どんなことをしていきたいのかといった質問を受けました。私は中東での経験や紛争地域でビジネスチャンスをキャッチした体験などをお話しし、そうした経験を高く買っていただきました。話も大いに盛り上がり、意気投合して内定をいただきましたが、グループ会社ということもあり、私が希望する待遇面の条件が合いませんでした。そこでコンサルタントの方が親会社の方に交渉していただいたようで、本社の新規事業開発での求人案件の面接を受けることになりました。新規事業開発部の幹部の方からは「あなたの経験を日本でくすぶらせるのは損失だから、何か新しいことをやってみた方が良い」と言われて、内定をいただきました。

■その企業に決めたポイント

内定をいただいてから、正式な通知が来るまでに時間がかかりました。コンサルタントの方も毎日、連絡をしてくれましたし、私の知り合いが現職の会社にいて、その方からもお願いをしてもらい、ここまでいろんな方の協力をいただいたこともありましたので、現職の会社で働くことを決めました。

■転職活動で苦労したポイント

やはり海外に駐在していたので、面接をタイムリーに受けられなかったことです。また、タイズのコンサルタントの方はこまめに連絡をくれて、節目節目でも連絡をくれましたが、時差があって昼と夜が反対だったので、各社エージェントの担当の方々とも連絡もタイムリーに取ることができなかったのもハンディだなと思いました。

■転職して良かったこと

一つの会社だけで終わるよりは、複数の会社を見た方が、その結果に関わらず良いことだと思います。一つの会社でやり遂げるというのも一つの選択ですが、人生には何があるか分からないので、チャンスがあれば転職活動を経験することをお勧めします。複数の会社を見ることで自分にピッタリと合う会社や仕事に出会えるチャンスも出てくると思います。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

エージェントのコンサルタントの方から「こんな仕事はどうでしょう」といった話を受けたら、まずはそれを聞くことをお勧めします。また、タイズのコンサルタントのように、弱点をしっかりと誠実に指摘してくれてアドバイスしてくれる方を巡り合うことも大切だと思います。多くの場合コンサルタントの方とは1回の付き合いで終わっていると思いますが、転職活動は1回だけで終わるとも限らないので、自分が信頼できるコンサルタントの方とのお付き合いを転職後も続けていく方が良いと思っています。タイズのコンサルタントの方のことを、私はそれに相応しい方だと考えています。同世代ということもあり、仕事抜きで飲みに行きましょうと話しており、そんなコミュニケーションの中から、お互いにとって有益な情報を交換できるような関係をこれからも構築していければいいなと思っています。

■タイズのサービスで印象的だったこと

こまめなフォローがとても多かったと思います。面接に臨む時には「こんなことに気を付けてください」といったアドバイスをこと細かく受けました。タイズほど細かなアドバイスは他社のエージェントではありませんでした。また、内定後の退職の仕方までアドバイスをいただきました。

前のページへ 一覧
PAGE TOP