転職体験談

転職体験談 case.124

profile

年 齢 20代後半
前 職 設計製図・技術者派遣にて機械設計
現 職 機械・製鉄メーカーにて機械設計・据付・試運転

■転職を考えたきっかけ

自分の人生を考える時間が少しできて、このままでいいのかなと、ふと思いました。前職では設計をしていましたが、設計業務だけだったので、その先の業務にも携わりたいと思ったことが転職のきっかけでした。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は大手求人サイトに登録しました。ただ、求人案件数が多すぎて、中には興味深い求人もありましたが、絞り切れずに活動はまったく進みませんでした。そんな時にタイズのキャリアコンサルタントの方から、ご連絡をいただきお話をさせていただきました。数年前にも別のエージェントの担当者とお話ししたことはあったのですが、要領を得ない方で私が希望するのとはまったく違う求人ばかりを紹介されました。また、数を打てば当たる感じでたくさん紹介されましたが、仕事をしながらなので求人を絞りたいというこちらの希望をまったく聞いてもらえないので、タイズさん以外にはエージェントに対してあまり良い印象はありません。

タイズのコンサルタントからは何社か紹介を受けましたが、特にお勧めいただいたのが現職の会社です。自分の考えていた仕事内容ととてもマッチしていました。別のエージェントでも1社受けましたが、案の定、全然違う仕事内容でした。

<一次面接>
現職の会社の選考は面接2回と筆記が行われました。

一次面接は、設計部門の上司になる方でした。質問内容としては、今までどんな仕事をしてきたのかというもので、その後は、面接官の方から「私たちはこんな仕事をしています」という説明を受けました。面接官の方が昔していた仕事が丁度、私が前職で取り組んでいた業務だったので、意気投合してすごく盛り上がりとても和やかな雰囲気でした。仕事内容もバッチリとマッチングしていたので、「これはいけるかも」という手応えを感じました。

<ニ次面接・内定>
二次面接は人事の方が面接官でした。質問内容はガラリと変わって「何故転職をしたいのか」という転職理由をかなり深堀して、質問を受けました。コンサルタントの方に協力していただいて、面接の事前準備やアドバイスを受けていたので、落ち着いてお答えすることができました。一次面接程の盛り上がりはありませんでしたが、特に困ることもなく、手応えも感じました。その日のうちに面接OKの連絡をいただきましたが、二次面接の際に筆記試験も受けました。しかし、この筆記試験がすごく難しくて、筆記の結果待ちだったので、不安もありました。面接から1週間も経たずに正式内定の連絡をいただきました。

■その企業に決めたポイント

求人を絞って受験したので、その時点では受けていたのは現職の会社1社でした。この会社に転職を決めたのは、面接の時の雰囲気がすごく和やかで、働きやすそうだと思ったこととやはり大きかったのは仕事内容でした。設計から製作、据付までに携わりたいという私の希望にマッチしていたことが大きなポイントでした。

■転職活動で苦労したポイント

仕事をしながらの転職活動で、前職の案件を抱えながらでしたので、面接の時間を作るのは結構しんどかったです。でも、タイズのコンサルタントの方が間に入ってスケジュールを調整してくれたので、それほどの苦労は感じませんでした。

■転職して良かったこと

設計だけじゃなくて、実機を見ることができ、自分ができる範囲の業務が増えたことが嬉しいです。後は福利厚生が充実していて、給与面でも30%程アップしたことも嬉しいですね。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

あまり自分ひとりで活動しない方が良いと思います。企業選びとか面接対応など、タイズさんだけではないと思いますが、アドバイザーの方から話を聞くことをお勧めします。まず、転職の候補先を絞り切れないですし、履歴書や職務経歴書の書き方も忘れているので、最初自分ひとりで始めた時はてんやわんやでした。私にとっては、そんな時にタイズのコンサルタントの方からいただいたアドバイスは大きかったです。

■タイズのサービスで印象的だったこと

やはり、自分に合った求人案件を絞ってくれたことです。そのために最初の電話面談で長い時間を使ってくれました。私がしたいことを深堀して質問してくれたので、話をしてすごくスッキリしたことを覚えています。私の中でも転職という言葉にモヤモヤとしたイメージしかありませんでしたが、コンサルタントの方をお話しした後にすごくクリアになりました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP