転職体験談

転職体験談 case.123

profile

年 齢 30代後半
前 職 警備会社にて経理
現 職 化学メーカーにて経理

■転職を考えたきっかけ

世の中で35歳が転職の一つの目安だとされていて、自分がその年齢になったことがきっかけでした。まあ、前職では転勤が多く、夜勤もあり、子どもが小さかったこともあって、今後のことを考えると生活環境を変えた方が良いのかなと思ったことも転職活動を始めた動機となりました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は2つの大手求人サイトに登録しました。また、ネットで調べて転職エージェントの会社に連絡して登録。電話面談を経て、活動を開始しました。各エージェントの特徴も全然分からずに登録したので、最初はなかなかうまく進まず、40社程応募しましたが、内定が出ませんでした。そんな時に求人サイトを通じて、タイズのキャリアコンサルタントからメールで連絡をいただきました。

タイズのコンサルタントの方には、職種は経理で、転勤がなく、関西勤務の案件を希望しました。コンサルタントからは10社程ご紹介いただき、その中から2社を選んで応募しました。そのうちの1社が現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は管理本部長、総務部長、経理部長の3名が面接官でした。すごく和やかな雰囲気で面接が進みました。私は経理職を希望していましたが、年齢が35歳で、経理経験は4年間ほど。そのために他社の面接では経理の経験についてかなり詳しく質問を受けましたが、現職の会社では経理建研よりも管理職としての経験や部下との接し方、上司との関わり方などといった質問の比重が大きかったという印象を受けました。面接後に簡単な筆記試験を受け、面接の雰囲気も良かったので、手応えはありました。

<ニ次面接・内定>
二次面接では社長と管理本部長が出て来られました。一次面接とは違って、時間も20分ほどであっさりと終了しました。あまりにあっさりしていたので、逆にとても不安になりましたが、面接後すぐにコンサルタントの方から内定の連絡受け、断る理由もなかったので「お願いします」と即答しました。

■その企業に決めたポイント

現職は化学メーカーで前職はサービス業。まったく畑違いの業界でしたが、私が希望していた転勤がなく、休日がしっかりと取れて、夜勤もない働き方で、年収も私が希望していた通りだったので、転職を決めました。年収は下がりましたが、長く勤めれば元に戻ると考えていたので、それほど重視はしていませんでした。それよりも納得できる働き方を実現できることが大きかったですね。

■転職活動で苦労したポイント

年齢の割には経理の経験が少ないということを多くの会社でかなり突っ込まれて、経験不足が理由で活動当初、選考に落ちたことです。現職の会社では、経理経験よりも人間関係を作っていけるコミュニケーション能力を重視していたので、内定をいただくことができたと思っています。

■転職して良かったこと

生活環境がかなり改善されて恵まれていると思います。前職は休みがシフト制で祝日も休めず、週に1日、2日とバラバラでした。今はカレンダー通りに休めて大型連休もたくさんあり、子どもとの時間もたくさん取れることが嬉しいです。

仕事についても、業界は変わりましたが、経理職なので基本的にやっていることに変わりはなく、大きな苦労もありません。また、妻の実家が関西で、もともと関西に帰りたいという妻の希望がかなったので、妻もとても喜んでいます。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職活動を始める時には、前職の会社を辞めるつもりは全然ありませんでした。ただ、年齢的に考えて転職活動をやってみようと思いました。活動を通じて、他の会社の条件なども聞くことができて、前職の会社との比較をしていくなかで、転職に対する考えが固まっていきました。また、最初はすぐに受かるだろうと楽観的に考えていましたが、現実にはとても厳しい状況でした。その時に、これ以上年齢が高くなるともっと厳しくなると感じて、今ここで転職しようという思いが強くなりました。だから、転職する、しないに関わらず一度活動してみることをお勧めします。

■タイズのサービスで印象的だったこと

他社のエージェントはたくさん紹介してくれるのですが、私がどんどん応募して、数打てば当たる的な感じでした。

タイズのコンサルタントは、まず職務経歴書を一から見直してくれて、添削もかなりしていただきました。そんなことをしてくれたのは初めてだったので驚きました。その他応募した企業の一覧を作って活動を整理したり、面接対策もかなり具体的に指導していただいただので、本当に助かりました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP