転職体験談

転職体験談 case.119

profile

年 齢 30代前半
前 職 建設機械商社にて営業
現 職 化学メーカーにて営業

■転職を考えたきっかけ

新しい分野で仕事がしたくなったのが理由です。前職では機械販売の会社に8年間勤務しました。30歳を迎える時期で、まだ結婚もしていなかったので、転職するにはちょうどいいタイミングかなと考えて、転職することに決めました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
期末が終わった4月に、辞めるにはこの時期しかないと、あまり深く考えずに退職しました。まずはハローワークに登録して、半年間はハローワークのみで転職活動を行いました。しかし、ハローワークでは自分の希望する求人数が少なくて、半年が過ぎても転職先を見つけられませんでした。失業保険の支給も終わり、本気で探さないといけないと心に決めて、リクナビNEXTに登録。その後、タイズのキャリアコンサルタントの方からスカウトメールをいただきました。

スカウトメールは他社からもたくさん来たのですが、タイズのコンサルタントの方のメールの文面を読んで、この人はきちんと私のレジュメを読んでくれているので信用できると感じました。それでタイズのコンサルタントの方だけに返信しました。すぐに折り返しのメールをいただき、タイズさん1社だけで転職活動をすることにしました。ただ、私は福岡勤務を希望していたので、大阪本社のエージェントってどうなんだろうとは思いました。

最初2回ほど、電話でお話ししましたが、私には明確な志望業界などがなかったので、コンサルタントの方が選んだ求人を5件ほど送ってもらいました。どれも私の希望に沿った求人でしたので、履歴書と職務経歴書を作成して、書類審査に応募。その後に、コンサルタントの方から「すごい会社の求人が出ました」と連絡をもらいました。社名は知りませんでしたが、ホームページなどで調べるととても良い会社だったので、その求人にも追加で応募することにしました。それが現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は関西にある本社で受けました。コンサルタントの方から面接官は3名と聞いていましたが、部屋に入ると営業部長や総務の方など5名位座っていたので、一気に緊張が高まりました。質問内容は志望動機や転職理由、前職での経験など。その他には、半年間ちょっと働いていないブランクの期間があったので「何してたの」と聞かれました。正直に「仕事を探していました」とお答えしました。

面接時間は30分ほどでした。最後に「いつから働ける」と聞かれ「すぐ働けます」、「福岡勤務だけど外国とかへの出張もあるよ」と聞かれ「大丈夫です」といったやり取りをしたので、ここまで聞かれだので、合格したかなと思いました。

1-2週間後に一次面接合格の連絡をいただきました。

<二次面接・内定>
二次面接は勤務する福岡支店でありました。面接官は支店長と営業部長。決まっていたのか、よく分からないのですが、冒頭「本社が決めてるから、話すことないぞ」と言われました。特に面接的な質問なくて「どこの出身」といった世間話をして、挨拶をして20分ほどで終了しました。これは本決まりしたかなとホッとしました。

ただ、二次面接の前にWebテストがあって、あまり出来なかったので、その点数のことは気になりました。

正式な内定はすぐに出ました。12月に最初の面接をして、1月中旬には決まり、選考はすごく早かったです。

■その企業に決めたポイント

タイズのキャリアコンサルタントの方が「この会社は間違いないです!」と推してくれたのが最大の理由です。入社する前は全然知りませんでしたが、入社した今はコンサルタントの言葉通り、給与も良くて、いろんなことがきちんとしている会社です。本当に現職に転職出来て良かったと思っています。

■転職活動で苦労したポイント

最初は近場のハローワークだけで活動していましたが、求人数が少なくて苦労しました。だから、やはり情報源が1ヵ所だけでは難しいと思います。私と同年齢で転職する友人が多く、その友人たちもハローワークだけで活動していてなかなか決まらない。私は「まずは、いろんなところの話を聞いた方が良いよ」とアドバイスをして、リクナビNEXTに登録させています。

■転職して良かったこと

終業時間がきちんと決められています。前職では夜の10時や11時まで会社に残り、朝も早く出ていましたが、現職では禁止されています。だから、健康面では本当に良くなりました。給与も前職と変わらない水準です。仕事は前職とはまったく違うので、まだ商品や社内のシステムなどを覚えている最中で大半が社内にいます。たまに先輩と同行することがありますが、早く一人で訪問できるようになりたいですね。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

一人で抱え込まずに、なるべく早く人に相談して話を聞いてもらうことをお勧めします。一人で焦っても限界があります。私はプロに聞くのが一番いいと思います。自分自身が納得できるし、活動や決定するのも断然早いと思います。

また、私の場合は前職が忙しかったので、退職しなければ転職出来てなかったと思います。退職して時間ができたから、じっくりと転職活動に取り組むことができました。

■タイズのサービスで印象的だったこと

私があまり積極的に転職活動に取り組んでいないことを、電話で感じ取られて、すごく怒られました。「もうちょっと本気出さないとダメですよ!もうちょっと頑張りましょう!」と活を入れられました。これで気合が入ったので、本当にありがたかったです。

また、会社の情報も新聞の切り抜きなどをまとめたものを送っていただいて本当に助かりました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP