転職体験談

転職体験談 case.115

profile

年 齢 30代後半
前 職 自動車部品メーカーにてプロジェクトマネジメント
現 職 電機メーカーにてプロジェクトマネジメント

■転職を考えたきっかけ

関西へのUターンを考えたのがきっかけでした。関西出身で、大学院の2年生から海外に出て帰国後、関東の会社に就職したものの、いつか関西に戻ろうと考えていました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
いくつかのエージェントに登録して、転職活動をスタートさせました。私の友人の友人がタイズのキャリアコンサルタントでした。社名は知りませんでしたが、関西のメーカーに強いということで、紹介してもらいました。電話でインタビューをしていただき、私のこれまでのキャリアや転職理由などをお話しして、10社弱の求人を紹介してもらいました。その中から、通勤なども考えて5社の書類選考に応募しました。そのうちの1社が現職の会社です。

<一次面接>
一次面接は人事担当の方と直属の上司となる課長が面接官でした。自分の経歴に関することや前職が自動車業界だったので、現職の業界を志望する理由などを聞かれました。私自身、プロジェクトマネジメントの仕事で前職のスキルを活かせれば、自動車業界にはこだわりはありませんでした。厳しい雰囲気はなく、淡々と質疑応答が行われて、面接を終えました。

<二次面接・内定>
二次面接は、一次面接のメンバーに加えて人事課長と部長が出て来られました。質問内容も一次と変わらず、雰囲気も悪くはありませんでした。ただ、マークシートのテストがあり、想像していた以上に量が多くて、のんびりしていたこともあって、あまりうまくはいきませんでした。今回の転職活動の数年前に、実際に転職活動を経験しました。その時は結局転職しなかったのですが、感触が良くてダメだったこともあるので、手応えに関しては分かりませんでした。ただ、今から思えば、前職でやってきたことを理解していただいて、現職の職場でも活かせるスキルだと判断してもらえたと思います。

タイズさん以外のエージェントで並行して受けていた求人の選考が先行していたため、現職の会社も早く結論を出していただき、翌日には口頭で内々定をいただきました。

■その企業に決めたポイント

結果的に2社から同じ職種で内定をいただきましたが、現職の会社に決めたのは、今回の転職を機に新しい業界で挑戦したいと考えたからです。もう1社は前職と同業界でした。また、現職は前職と同じ一次サプライヤーでしたが、もう1社は2次サプライヤーだったこと、通勤も現職の方が便利だったことなども入社を決めたポイントです。

■転職活動で苦労したポイント

去年の6月位にエージェントに申し込んで、友人からタイズの紹介をもらって、7月の半ばには面接を受けて、9月には内定が出ましたので、結構うまく進んだ方かなと思っています。あえて言うなら、最初に受けた数社では書類審査が通らず時間がかかったことですかね。関東から関西での活動だったので、距離は遠かったですが、そこに対してはあまり大変だったという印象はないです。うまく日程調整をしていただいて助かりました。

■転職して良かったこと

もともとの転職理由だった関西に考えていたよりも早く帰ってこれたことが一番良かったことです。

仕事面では、今はアメリカで使用される大型輸送機器を中国のメーカーが作るプロジェクトに関わっており、アメリカ人や中国人、インド人などいろんな人たちが絡んでいます。前職ではやり取りするのは日本人で日本のメーカー。一つのメーカーをずっと担当していたので、やり方も互いに理解していましたし、関わる人数もそれほど多くはありませんでした。今は社内社外を含めていろんな人が絡んでくるのでハンドリングが非常に難しいですが、その分、今後のスキルアップにもつながっていくと思います。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

転職するにあたっては、いろんなエージェント話をした方が良いと思います。2-3ではなく、4-5社位の話を聞いてみることをお勧めします。私もたまたま友人に転職活動をしていることを話したら、「それなら、紹介するよ」とタイズのコンサルタントを紹介されたことで、スムーズに転職活動が進みました。エージェントによって、求人の提案などが自分に合う合わないといったことが分かってくるので、いろいろと幅広く活動する方が良いと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

まずは細かな気遣いや配慮をしていただきました。転職後も「お仕事いかがですか」といった連絡もしてくれます。活動中もこちらの要望に沿った案件の選別や日程調整をしていただき、私の要望にきっちりと応えていただきました。また、面接に向けての対策や「こうした方が良いですよ」といったアドバイスもしていただきました。現職の会社にも自動車関連の事業部がありましたが、実家に近い別事業の拠点を希望しました。「なぜ自動車事業ではなく、別事業なのか」という質問に対して、最初は先方に納得していただけるように理由付けした回答を作ったのですが、コンサルタントの方から「すんなり、実家に近くて通勤に便利だからです」と答えた方が良いなどの具体的なアドバイスをいただいて良かったです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP