転職体験談

転職体験談 case.114

profile

年 齢 20代後半
前 職 自動車部品メーカーにて生産技術
現 職 重工メーカーにて生産技術

■転職を考えたきっかけ

前職の会社の取引先にコンプライアンスの問題が発生し、前職の会社の経営にも大きな影響が出て、将来に対する不安を感じたことが転職のきっかけです。また、前職では浅く広くという仕事内容だったので、より専門性の高い職種に変わりたいという思いはずっと持っていました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
今までの職務経歴をまとめて、リクナビNEXTなどの求人サイトに登録しました。タイズのコンサルタントの方から7月ぐらいにオファーメールをいただきましたが、その時は仕事が忙しく、8月の連休明けに受験したいと連絡を入れました。

現職の会社の求人を紹介していただき、書類選考に応募し、無事に通過しました。職務経歴などをコンサルタントに添削していただいて本当に助かりました。

<一次面接>
一次面接では所属部署の課長2名、部長、人事担当の4名が面接官でした。前職の仕事内容についての質問はなく、転職しようと思った理由や志望動機について聞かれました。これらの質問については事前に準備をしていたので、スムーズに受け答えできました。

<二次面接・内定>
二次面接では、一次面接に来られた所属の課長と人事の部長、課長、担当の方が出て来られ、人事メインの面接でした。質問内容は一次面接とほとんど変わりませんでしたが、少し深くなったかなという印象を受けました。面接は一次も二次も和やかな雰囲気でした。

二次面接を受けた後、コンサルタントの方からは「多分、大丈夫です」と言われていましたが、最終決裁をされる方が出張で承認に少し時間がかかりましたが、正式な内定をいただき、正直ホッとしました。

■その企業に決めたポイント

もともと転職を考えた将来に対する不安は、会社の規模的に前職の会社よりも安心だということがありました。また、待遇も前職よりも良かったこと。仕事内容も専門性が高められそうで、自動車部品よりも大きな輸送機器を扱えることにも惹かれました。

■転職活動で苦労したポイント

職務経歴書に関しては今までの業務を見直すところだったので、作るのが大変でした。また、Webテストがあったのですが、新卒の就職活動でもSPIテストが得意ではありませんでした。これは勉強しておかないと落ちてしまうと思い、当初は夏休み前の受験でしたが、コンサルタントにお願いして夏休み後に受験できるように予定を変更してもらいました。

■転職して良かったこと

自動車部品よりも大きな輸送機器を扱えることにやりがいを感じます。それとやっぱり給与が上がったことです。前職の時よりも20%程上がっています。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

働きながら転職活動するのは大変だと思っていましたが、活動してみたら意外と、縁があって、コンサルタントの方の支援もあり、すんなりと転職先が決まりました。

また、内定の連絡をもらった後、退職の交渉をどうしようかと悩んで、なかなか言い出せなかったのですが、コンサルタントの方から「とにかく今までの感謝を述べてください」と言われ、その通りにしたら、おかげでスムーズに話が進んで、本当に助かりました。

■タイズのサービスで印象的だったこと

職務経歴書の作成では細かなところまで添削してくれました。また、模擬面接や面接前に質問に対する回答の内容も電話で確認してもらって安心できました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP