転職体験談

転職体験談 case.106

profile

年 齢 20代前半
前 職 機械設計会社にて設計
現 職 機械メーカーにて設計

■転職を考えたきっかけ

前職の仕事は設計業務でしたが、設計したものがどんな風に使われているのかといった実感がつかめませんでした。そのため、やりがいといった意味では、今後仕事をしていくのは微妙なところだなと感じていました。実際に一般市場に出回っている製品づくりをやってみたかったのです。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は求人サイトに登録せずに、求人を調べていましたが、登録しないと見られない求人があることを知って、リクナビNEXTに登録し、タイズのキャリアコンサルタントの方から連絡をいただきました。そこで、私が学生時代から好きだった製品を作っているメーカーの求人があり、その案件に応募することになりました。

<選考>
まずは書類選考に応募して、無事に通過。その後Webテストを受けて、面接を行いました。面接は1回だけで、人事の方、技術の方など3名の面接官でした。転職理由や前職での業務内容、仕事をする上で大切にしていること、また、製品の構造をどれくらい知っているかなどの質問を受けました。自分としてはきちんと答えることができ、雰囲気も悪くなく、面接は順調に進んだかなと思いました。

面接の翌日か翌々日には合格の連絡をいただき、その後条件面談を行って、入社することになりました。

■その企業に決めたポイント

もともとその製品が好きで、受けたのもその1社だけでした。合格したら行こうと思っていました。

■転職活動で苦労したポイント

前職ではまったく違う製品の設計を行っており、現職の製品設計はまったくの未経験でした。そこが弱点になると思っていたので、それに対して自分のスキルや経験をどうアピールするかという点は苦労しました。

ただ、転職活動としては1社受けて、そのまま合格したので、思った以上にとんとん拍子に進んだことに驚きました。

■転職して良かったこと

やっぱり自分が好きな製品に関われることが一番大きいです。自分の関わった製品が世の中に出回ることを考えるとワクワクします。今担当しているモデルは来年発売予定で、今から楽しみにしています。また今回は開発の途中からの参加だったので、一から携わって新モデルを開発することになれば、もっと楽しさが大きくなると思います。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

前職の仕事が面白くないと感じてから、実際動き出すまで1年くらいかかりました。今は本当に仕事を面白くやれていると思います。転職を決めるのは、将来の自分を想像できるかどうかだと思います。今のところにいても将来何もないと思うのなら、新しいところに行って、新しいことをした方が良いと思います。

■タイズのサービスで印象的だったこと

転職するにあたって、中途採用では一般的に即戦力が求められると思っていて、自分にその製品設計の経験がないことに対しての不安が大きかったです。しかし、コンサルタントの方から「いけると思いますよ」と言ってもらって「そんなものかな」と思いながら選考を受けていました。その一言が印象的でした。また、書類の作り方や面接対策なども納得できる説明をしていただきました。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP