転職体験談

転職体験談 case.103

profile

年 齢 30代前半
前 職 自動車関連メーカーにて総務
現 職 電機メーカーにて人事

■転職を考えたきっかけ

会社に対する将来性への不安ともう少し広いフィールドで仕事ができないかと考えたのが転職のきっかけです。また、入社以来ずっと人事でしたが、総務に異動となり、人事に戻れる可能性が低くなっていました。

■転職活動の流れ

<転職活動開始>
最初は、リクナビNEXTに登録して、タイズ以外のエージェントを使って転職活動を始めました。活動中にタイズのキャリアコンサルタントの方からスカウトメールをいただきました。いろんなエージェントからスカウトメールが来ていましたが、タイズのコンサルタントのメールは書いてあるメッセージがテンプレートではなく、私のレジュメを読んで具体的な提案が書かれており、そこに真剣さを感じてメールを返信し、一度電話でお話ししました。しかし、タイズのコンサルタントの方とはそれきりで、しばらくは最初に依頼したエージェントを使って活動していました。しかし、そのエージェントの担当からは真剣さが感じられないと思い、最初に連絡してから3-4ヵ月経って、タイズのコンサルタントの方に再び連絡しました。コンサルタントからは「待ってましたよ」と言われてしまいました(笑)。

<タイズとの活動開始>
タイズのコンサルタントの方には、関西に本社がある会社の人事職で年収が極端に下がらない求人を要望しました。そこで10案件ぐらいの求人を出していただき、その中から4案件に応募しました。書類選考はすべて通ったのですが、もともと面接が不得意だったこともあり、すべて落ちてしまいました。

コンサルタントの方からは、現職の会社への応募を勧められたのですが、知り合いから昔に話を聞いたことがあり、実はあまり良いイメージを持っていませんでした。しかし、コンサルタントの猛プッシュもあって、受験することにしました。3月後半から前職の業務が忙しくなるので、これでダメだったら一度活動を中止して夏から再開するつもりでしたが、この1社で決まったのです。もしも、コンサルタントの猛プッシュがなければ、違う会社に転職していたかもしれません。

<一次面接>
一次面接は直属の部長と本部人事の方が出て来られました。扱っている製品の説明や事業の説明など非常に丁寧に対応していただいたので、とても良い印象を持ちました。ただ、面接の手応えがあったかと言えば、あまりなかったです。テンポよく受け答えはできましたが、どうかな?と思っていたらコンサルタントの方からOKの連絡をいただきました。

<二次面接>
二次面接では役員の方と部長クラスの方が出て来られました。一次面接とは質問のトーンが違いました。一次面接では職歴や人事業務に関する質問が主でしたが、二次面接では価値観など人間性を判断する質問が多かったと思います。感触はよく分かりませんでしたが、一次面接よりも手応えはありませんでした。それから2週間弱待って、やっと内定の連絡をいただきました。

■その企業に決めたポイント

一次面接を受けて、自分が抱いていたイメージとは違い、とても印象が良かったのでここで頑張ろうと思いました。また、会社規模や収入、勤務地など私の希望していた条件を満たしていただいたので、頑張っていけるかなと思えたことが入社を決めたポイントです。

■転職活動で苦労したポイント

私の場合は、特に面接のところで引っかかりましたので、電話でもなんでもいいので、模擬面接なり面談なりで面接の方法論は教えていただいた方が良いなと思いました。タイズのコンサルタントのような方であれば、面倒見よくやっていただけるので、その練習や訓練は積んでおくことをお勧めします。それと、自分のキャリアの棚卸は十分にしておいた方が良いと思います。

また、忙しい部署にいましたので、時間調整も大変でした。面接は平日に行われるので、フレックスを取得するなど、どうにかこうにかやりくりしました。仕事をしながら転職活動をされる方はどの方も転職したいという強い思いを持って、その忙しさを乗り越えていかないといけない部分だと思います。

■転職して良かったこと

周りの人事の皆さんから、すごく学べることが多く、尊敬できる方が多いと思います。スキルというよりものの考え方や人間性に優れた方が多く、刺激を受けています。また、コンサルタントの方からは、「年収は良くてキープ、若干下がることも覚悟しておいてください」と言われていましたが、実際には思っていた以上に上がりました。それに加えて、福利厚生などの充実した待遇、質の高い人材、そして、自分のやりたかった人事に戻ってこれて、日々やりがいを感じながら仕事ができています。

■タイズのサービスで印象的だったこと

とにかく親身さが凄かったです。本当に転職活動をしている私の立場を尊重して対応してくれました。仕事が忙しい私に「夜の11時の電話面談でも構いません」と言っていただいたこともありました。他エージェントでは「とにかく受けてください」とこちらの希望や条件をきちんと聞いてくれているのかなと疑問を持つこともありましたが、タイズのコンサルタントは、「この会社ならこういう点は合うと思いますが、こういう点が合わない部分があります」など、1社1社の情報を良く知っていて、その上でアドバイスを的確に惜しみなく出していただけます。

また、面接で落ちた時も、ダメだった理由をきちんと話してくれて、次回への修正点や掘り起しなどをやっていただいたので、心が折れることなく転職活動を続けることができました。

今回の転職では3社のエージェントを活用しましたが、サポートの深さはタイズがダントツでした。それがタイズという会社の姿勢なのか、担当していただいたコンサルタントの姿勢なのかは分かりませんが。

人事をしていたので大手エージェントのことはある程度知っていましたが、タイズのことは知りませんでした(笑)。それでも手の込んだスカウトメールを送っていただき、知らないけれど一度話を聞いてみることにして、本当に良かったです。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP