転職体験談

転職体験談 case.10

profile

年 齢 40代前半
前 職 大手建機メーカーにて資材購買
現 職 大手上場産業機械メーカーにて資材購買

■転職を考えたきっかけ

新卒入社した企業で、20年以上にわたり資材購買に携わってきました。国内・海外を取引相手としたバイヤー業務、大規模なプロジェクトにリーダーとして取り組み、非常にやりがいがありました。しかし経営体制の変化とともに仕事の自由度が下がり、部署の機能や権限も限定的に。このままでは資材購買として今後もキャリアを積んでいくことが難しいと感じました。

リスクはあるが、今までの経験を活かして活躍できるような、新しい世界へ出よう。そう考えて、早期退職の募集に応じ退職しました。

■転職活動の流れ

退職後から転職活動に取り組みました。数社の転職エージェントを利用しましたが、最初は前職での仕事とポストに見合う案件が非常に少ない状態。これではだめだと考えていた時、会員登録した転職サイト経由で声をかけてくださったのがタイズでした。

タイズの担当コンサルタントの方は私の経歴を見て、「あなたさえ興味のある企業なら、求人を出していない企業にも売り込んでみます」と、なんと転職先の開拓を買って出てくださいました。そこまでしてくれたのはタイズだけです。

色々とご提案いただいた中から私が興味を持った企業と交渉してくださり、最終的には退職から2ヶ月で、面接を経て今の企業に内定が決まりました。

■転職活動で苦労したポイント

タイズの担当コンサルタントの方が転職先の開拓までしてくださったお陰で、苦労したという印象はありません。しかし、悩むような局面は当然ありました。

実は、今の企業との面接に臨む直前、他の転職エージェント経由で1社内定が出ていたんです。自分の中では当初あまり優先順位は高くなかったものの、面接で高く評価していただいていたこともあり、情にもろい私は「ここに決めてしまおうか」と...。

タイズの担当コンサルタントの方にそうした気持ちを正直に相談すると、将来設計や家族のことまで含め、私の立場に立った親身なアドバイスを色々としてくださいました。自分と企業だけを見て狭くなっていた視野がそこでスッと広がり、冷静な判断ができるようになりました。

■その企業に決めたポイント

日本市場でイニシアチブを取りつつグローバルに展開する、今までの経験を活かして働ける機械メーカー。私が最も重視していたそのポイントに、ぴったりマッチしていました。家族と過ごす時間を、仕事と同様に大切にできる点も魅力的でした。

年収とポストは少し下がるものの、今の企業も私の経験やスキルを非常に買ってくださり、ぜひ入社してほしいという「強い気持ち」を感じました。年収もポストも、入社後の頑張り次第で上げられるはずだ。そう確信できたことも大きかったです。

■これから転職活動を行う方へのアドバイス

今回の転職を通じて実感したのは、「ご縁はどこにあるかわからないものだ」ということ。今の企業へ入社することになるとは、なにしろ求人が出ていなかった企業なので、最初は想像もしていませんでした。タイズの担当コンサルタントの方がご縁を創ってくださった。

これから転職活動を行う方も、自分にマッチした企業が必ずどこかにあると信じて、決して諦めず活動していただきたいと思います。色々とアドバイスしてくれる転職エージェントを選び、アドバイスを有効に使えば、転職活動の幅は大きく広がっていくはずです。

■タイズのサービスで印象的だったこと

やはり何といっても、私の立場に立って親身に考えてくださる姿勢が最も印象的でした。今の企業との面接前には、先に内定が出ていた企業とあわせての決断ができるようにと面接を前倒しでセッティングするなど、さまざまな調整事に一生懸命走ってくださいました。

入社後も、「僕は大丈夫ですよ」と言っているのに「元気にされていますか?」と、1週間・1ヶ月の節目に連絡をくださったり(笑)。実際大丈夫でも、そうした入社後フォローをしていただけると嬉しいものですね。

また今回の転職活動で「タイズは数ある転職エージェントの中でも、関西のメーカーにずば抜けて強い」と実感しました。本当に良い出会いだったと思います。

前のページへ 一覧 次のページへ
PAGE TOP